荷重計、スピードアラーム、デジフォーク、台秤、圧力計なら白光機器株式会社へ|白光機器 株式会社

 

HOME»  装着例荷重計

装着例

 

荷重計

●デジタルタイプ【DLSNDLST

 

 

取付位置は、ダッシュボードの上、又はヘッドガードから吊り下げて取り付ける場合の2パターンあります。

 

 

オプションのリレーユニットを接続すれば、設定した警報ポイントで回転灯やマーカーランプ等を作動させる事ができます。
内蔵ブザー音で警告を知らせると同時に、光でも警告するので周りにも知らせる事ができます。

 

 

デジタル荷重計にプリンターを付ける事により、用紙に重量を印字するので何kg積んだか残す事ができます。

 

 

左の写真は、デジタル荷重計プリンター付を取り付けた事例です。

 

 

左の写真は、キャタピラー㈱製ホイールローダー938Kにデジタル荷重計を取り付けた事例です。
 

 

 

左の写真は、キャタピラー㈱製ホイールローダー938Kにデジタル荷重計のディスプレーを運転席に取り付けた事例です。
 

 

 

左の写真は、キャタピラー㈱製ホイールローダー938Kにデジタル荷重計を取り付けた事例です。

車輌のリリーフ設定圧力によっては減圧弁ユニットが必要になる場合があります。(丸で囲んだ部分)

 

●アナログタイプ【ALSLM

 

 

左の写真は、LMタイプ Ф150用(過負荷警報装置無し)です。
大きなメーターでもヘッドガードから吊り下げる事により操作に支障をきたしません。
ダッシュボードに穴開け加工をすればメーターを埋め込むことも出来ます。(ALSタイプ Φ87)

 

 

左の写真は、LMタイプ Ф100用(過負荷警報装置付き)です。
赤い針を動かす事により警報設定ポイントが変更できます。
目盛板は、取付車、リフトシリンダーの内径により変わります。
 

 

 

左の写真は、ALSタイプ Ф87用(過負荷警報装置付
き)です。
赤い針を動かす事により警報設定ポイントが変更できます。
目盛板は、取付車、リフトシリンダーの内径により変わります。

 

 

HPに載せる荷重計、スピードアラームの取付写真を募集しています。
現在商品を取付けて使用している場合、装着してある写真を応募してもらえれば粗品を贈呈しています。

 

お問い合わせ     カタログ
079-437-0444      お電話では現在お受けできません。

ページトップ

 

会社概要

 

お問い合わせ

 

カタログダウンロード

 

オプション

 

デジタル式荷重計
アナログ式荷重計
スピードアラームオプション

 

よくあるご質問

 

お問い合わせフォーム