079-437-0630

オプション デジタル式荷重計

デジタル式荷重計

外部に回転灯、ランプ、ブザーなどを取り付けられます。

デジタル荷重計(DLSN、DLSTタイプ)に標準装備している電子ブザーとは別に回転灯、ランプ、ブザーなどで過積載を知らせる場合、別途リレーユニット(ハーネス含む)を取り付けることによって取付可能となります。

外部に警報点設定VRを取り出し、任意にダイヤルにて設定ポイントを変更
できます。

デジタル荷重計(DLSN、DLSTタイプ)に外部操作ボックスを別途取付け、警報点設定ボリュームで簡単にダイヤルにて任意の警報設定ポイントを変更することで、品物が数種類ある場合でも、各々の荷重に合わせて警報設定を決めてで各々の荷重を定量に測定することが可能となります。

取付例として、リフトにアタッチメントの桶(容器)を取付、熱した鉄の湯を注入し、各々あらかじめ決められた量になったときに注入を止めて定量を取り出す場合に使用しています。

ショベルローダーに取り付けの場合オプションとして減圧弁ユニットを
取り付けることによりリリーフ設定が高い機種にも対応できます。

デジタル荷重計(DLSN、DLSTタイプ)において、ショベルローダーでリリーフ設定圧力が(230~300kg/cm²)で設定されている場合は荷重計の耐久性、寿命を高める為に減圧弁ユニットを取り付けることにより対応可能です。

ショベルローダーで重量の重い物の計量や、パワーショベルに取り付けの場合、

高圧力用のセンサーを使用します。

デジタル式荷重計